So-net無料ブログ作成

「集団的自衛権の行使」は許されない

2014-05-24

今日、5月24日、岐阜市文化センターで、日本共産党演説会があります。「安倍暴走にNO! 住民が主人公の政治へ」をテーマに、大門実紀史(だいもんみきし)参議院議員が演説をします。開演は午後6時半から。入場無料です。 

安部晋三首相が5月15日に、集団的自衛権の行使を容認する「解釈改憲」をめざすことを公式に表明しました。

日本共産党は、同日、「憲法破壊、『海外で戦争する国』への暴走を許すな――「安保法制懇」の「報告書」について」との声明を公表し、

日本共産党は、憲法を破壊し、『海外で戦争する国』をつくるくわだてに、断固として反対する

との立場を表明しました。「海外で戦争する国」にする集団的自衛権の行使容認に反対する請願署名の取り組みも始めました。

私も街頭宣伝で、集団的自衛権の行使容認は断じて許せないと訴えています。


集団的自衛権行使は、日本に対する武力攻撃がなくても、他国のために武力を行使するということ。自国の防衛ではなく、他国で武力を行使することを正当化する考え方です。

集団的自衛権行使を擁護して、「世界の国々は集団的自衛権を認めている」などと言う人がいますが、世界の国々は日本国憲法第九条のような戦争放棄の条項を持たないのだから当たり前のことです。今更何を言っているのでしょうか。

これまで「日本も血を流せ」という米国の要求を断ることができたのは、憲法九条のおかげです。

集団的自衛権の行使容認は、イラク戦争のような、ニセモノの大義を掲げた戦争にも、アメリカとの「同盟関係」を重視して参戦する国に日本を変えてしまうことになります。憲法前文や第九条をどのように読んでも、そんなことは許されません。

「大義」のなかったイラク戦争を支持し、自衛隊をサマワに送って米軍を支援した日本。自民党や安部首相、そして改憲を声高に主張する人々は、それに対する反省を未だに一言も口にしない。そのことを、私たちは深刻に考えなければならないと思います。

集団的自衛権の行使容認は日本国憲法前文に刻まれた平和主義と第九条を死文にするということです。

内閣の「解釈」でそのようなことができるのであれば、憲法は無きに等しいと言わなければなりません。

国民投票で改憲しなければできないような変更を、内閣の「解釈改憲」で勝手にやってしまおうという安倍政権。

国民は怒るべきです。

シラン 2014-05-18.jpg

 

シラン(紫蘭)が咲く季節。

集団的自衛権を知らん(シラン)

ということでは済まない事態です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。