So-net無料ブログ作成

関市にある旧徳山民家

2013-10-06

ふだんの夜は真っ暗の小径を

行灯が照らしています

行灯の中にはろうそくが立ててありました

奥の方の灯りが、旧徳山民家です ↓

image.jpg

近づくと、建物が見えてきました

茅葺き屋根の一軒屋です

雨戸も障子も外されています ↓

image.jpg

あまり知られていないと思うのですが

関市には「旧徳山民家」があります

ダムの底に沈んだ徳山村にあった古民家が移築され

「やすらぎの家」と名付けられています

場所は、郊外の関市中池運動公園の中

4日の夜、その徳山民家でミニコンサートがありました

私が到着したときには屋内はもう満席

庭に並べられたベンチにすわって演奏を聴きました


 

 

琴と尺八

そしてピアノ、バイオリン、サックス

それからソプラノ

秋の夜にふさわしい美しい音色とメロディーを楽しみました

これは休憩時間の様子↓

image.jpg

一般に琴(こと)と呼ぶのは正しくは(そう)といい

十三本の弦をもつ

十七絃(じゅうしちげん)という低音の出る大型の箏もあって

十七本の弦をもつ

そんなことも知らなかった私は

琴や尺八が奏でる音色とメロディーの多彩さに

まず驚かされました

和楽器は全体に単調な音楽を奏でる

そういうまちがったイメージを

自分が持っていたことに気づかされました

和楽器の魅力再発見でした

洋楽器とのコラボレーションもおもしろかったです

ソプラノの伸びやかな歌声にも聞き惚れました

実は早めに帰るつもりで出かけたのですが

最後まで聴かせていただきました

ちょっと身体が冷えました

もう秋だなとしみじみ・・・


旧徳山民家は、公園の奥の方にあって

ふだんはひっそりとしています

室内の額に書かれている言葉は

「獨座観心」

独り座って己の心を観るという意味でしょうか

それもまたいいと思います

でも、あまり利用されていないようで

ちょっと残念に思っていました

素敵なコンサート会場にもなるんだなぁと

感心しながら帰って来ました

コンサートの名前がまたおもしろい

「ちょ琴コンサート」

「ちょ琴」を「ちょこっと」と読みます

image.jpg

今年、2回目の開催とのこと

心癒やされるひとときでした


 

10月11~14日には

この徳山民家を会場にして

プリザーブドフラワー作品の展示会が開かれるそうです

12日・13日は、町の中で「関の刃物まつり」が開かれます

刃物まつりで日本刀鍛錬が披露される「関鍛冶伝承館」では

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が開催中

隣の濃州関所茶屋ではヱヴァストアも開店中です

image.jpg


image.jpg

image.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


*****  リンク *****

第46回 岐阜県関市 刃物まつり ホームページ

http://seki-hamono.jp/

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。